+PLUS
ニュース

長崎平和祈念式典

2022.08.09

長崎平和祈念式典

長崎に原爆が投下され、77回目の8月9日をむかえます。武力による現状変更が起き、核の使用も示唆されるロシアのウクライナに対する軍事侵攻や、日本を取り巻く安全状況の大きな変化を受け、どうすれば平和を維持することができるのか、日々深く考えています。

本日、11時02分に黙祷し、哀悼を捧げ、鎮魂と平和への願いをお祈りいたしました。

再生可能エネルギー振興

2022.08.08

再生可能エネルギー振興

『ながさき新産業創造特別委員会』が開かれ”再生可能エネルギー振興対策”について協議を行いました。長崎県のGXグリーントランスフォーメーションの推進を図って参ります。

□私の質疑内容
・GXスケジュール見直し
・バイオマス事業の採算性
・浮体式洋上風力発電に関する事業と県内造船関連企業との連携

※委員会YOUTUBE動画にリンクします。私の質疑は36分47秒ごろからとなります。→詳しくはこちら

市民大清掃

2022.08.07

市民大清掃

長崎にもどりました。今朝は、市民大清掃に参加。湿度が高く、すぐに汗だくに。水分補給など、熱中症対策に気をつけながら、地域の方々と一緒に清掃活動を行いました。

広島平和祈念式典

2022.08.06

広島平和祈念式典

8月6日午前8時15分 広島に原爆が投下され77年が経ちます。

議長代理、文教厚生委員長として、広島平和記念式典に参列し、鎮魂をお祈りいたしました

原爆被爆者支援

2022.08.05

原爆被爆者支援

昨年7月、広島にて原爆投下後「黒い雨」を浴びた住民ら84人全員を被爆者と認め、当時の菅総理が上告しないと判断し、新たな支援が決まりました。

しかし、その救済制度は長崎には適用されませんでした。

国の判断に対し、長崎県副知事・長崎県議会議長・長崎市長・長崎市議会議長が、厚生労働省(厚生労働副大臣)へ要望活動を行いました。

本日は、長崎にて原爆被爆体験をされた方々から、当時の状況について、直接お話をお聞きできました。

国が示す科学的な根拠含め、必要な情報を適切に届けていけるように継続して尽力して参ります。

D-FLAG

2022.08.04

D-FLAG

行政-大学-民間 3者連携して、新産業創造の拠点を目指す 『D-FLAG』ながさき出島インキュベータを表敬訪問。

長崎の経済を牽引していく事が期待される新産業の現状について、情報交換を行いました。 先日『スタートアップ担当大臣』として山際経済再生担当大臣が任命されるとの報道もあり、国においても、新産業を支援する体制が構築されています。

D-FLAGを新産業・集積基地として、国と連携し、長崎の新産業を支援して参ります!

サイバーセキュリティ

2022.08.02

サイバーセキュリティ

長崎県立大学 情報セキュリティ学科へ提言いたしました。→渇望されるセキュリティ人材※小野寺五典・元防衛相5月26日、衆院予算委員会で発言→ 機密情報の漏洩対策「ゼロ」は「日米同盟最大の弱点」

提言主題:サイバーセキュリティのトップガンを作りたい

『トップガンとは?』デジタル大辞泉より
1 ある分野・社会のトップクラスの人
2 米国空軍士官学校の最優秀の卒業生
3 サイバーセキュリティーについての極めて高度な知識と技術を有する者

以下、提言抜粋 -----------------------------

〇情報セキュリティ学科の名称変更
→サイバーセキュリティが一般的であり、サイバーセキュリティ学科へ
〇電子作戦隊(防衛省)との連携
※佐世保市相浦駐屯地に配置(約20人)
※令和5年度末までに対馬にも配置予定
〇IT人材を長崎に定着させる
→長崎に残るIT人材は毎年、1割程度
→ポイント:スキルを磨ける場所かどうか。地方にいても先端技術を学べたり、違う会社の人ともつながる場がある。→産学共同研究センター(仮称)が担う役割は大きい
〇来年度以降の経営戦略
→特に国において、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)や、新たなインテリジェンス機関が創設された場合の対応
→量子コンピュータの実用化と耐量子暗号の標準化動向
〇例えば007やミッションインポッシブルなどキャッチーなコンテンツ(実現可能な範囲内で)を活用した効果的な情報発信
→全国から優秀なIT人材を集めたい。セキュリティ専門学科は、未だ国内では県立大学だけであり、優秀な人材が集まる可能性は高い。

以上

不登校児童の居場所

2022.07.31

不登校児童の居場所づくり

NPO法人(申請中)おうち楽幸 スタートパーティーに参加。 様々な要因をもとに、不登校となってしまう児童がいます。その行き場が、家になってしまう場合があり、いわゆる『引きこもり』になってしまいます。おうち楽幸では、不登校となった児童の居場所をつくり、オルタナティブスクールとして、新しい学びの場を創出していこうとチャレンジしています。

子は国の宝です。県や市町の教育委員会や関係各位の方々と連携し、子ども達の健全な発育に向け、全力で取り組みます!

※オルタナティブスクール 画一的な教育ではなく、個人を尊重し子どもが本来持っている探求心に基づいて、自律的・主体的に学習や行事が展開されるようにカリキュラムが組まれていることが多いのが特徴

いじめについて

2022.07.30

いじめについて

今年度、教育委員会を所管する文教厚生委員会の委員長として活動しています。そのなかで『いじめ』に対する相談を受ける事も少なくありません。

今の時代、SNSを用いるなど、悪質ないじめも多く見受けられ、学校やご父兄の皆さまとの密な情報共有、連携が不可欠であると感じています。

明日は様々な学びのあり方として"不登校児童向け"の新たな学校について、現地を視察し、意見交換を行って参ります。

赤潮対策

2022.07.29

赤潮対策

伊万里湾では、昭和55年から、高頻度で赤潮が発生しており、近年においては令和2年以外は毎年カレニア(赤潮の原因で魚類に悪影響を及ぼす藻類の浮遊生物)による赤潮が発生している状況です。

対策としては、デジタル機器を用い、赤潮発生条件を注意深く観察し、発生初期段階にすばやく赤潮駆除を行っています。

伊万里湾の赤潮対策について、より効果的な対策と、抜本的な環境改善策を立案し、水産県長崎として、漁業振興に取り組んで参ります。

原爆被爆者支援

2022.07.27

原爆被爆者支援

本日、全国被爆体験者協議会の皆さまが県庁にて、知事に被爆体験者支援について要望書を提出いたしました。

世界で唯一の被爆国である日本。被爆地、広島と長崎においては、様々な支援がなされてきました。

改めて、被爆体験をされた方々に対しても、科学的根拠を基に国県市町が連携し、支援対策について取り組んで参りたいと思っております。

移動・買い物支援

2022.07.26

移動・買い物支援

五島市などの離島において、少子高齢化のスピードは加速し、医療受診や買物、外出に対する支援の必要性も日を追うごとに増していっています。(自身で運転免許を返納するなど、移動手段が脆弱なご高齢者の方々への移動支援は大きな課題になりつつあります) 離島と本島をつなぐ移動支援など、ニーズはあるものの、行政支援(公助)が行き届かない分野に対するサービスの確立について、県地域振興課とNPO法人さんらと意見交換を行いました。

簡単に医療サービスを受診しずらい過疎地域・離島地域にお住まいの方々に対する具体的な支援策について取り組んで参ります。

水産業振興対策

2022.07.25

水産業振興対策に関する要望活動

新松浦漁業協同組合さまが県庁に来られ『養殖業支援・赤潮対策』ほか支援に関する要望書を提出いたしました。

水産県長崎として、特に赤潮対策については漁業の死活問題になる喫緊の課題です。デジタルや新テクノロジーを有効に活用し、発生の要因を追求するように訴えました。

全線フル規格に向け

2022.07.24

全線フル規格に向け

佐賀県嬉野市にて、自民党 長崎・佐賀両県議会 合同研修会を開催。西九州新幹線フル規格に向け、忌憚のない、オープンな議論、意見交換を行いました。

いよいよ、本年9月23日に開業する西九州新幹線。長崎ー佐賀 自民党両県議会、協力し、全線フル規格化に向け、連携を深めて参ります。

長崎大水害から40年

2022.07.23

長崎大水害から40年

「長崎大水害」から40年 慰霊祭に出席 昭和57年7月23日 私は小学一年生でした。午後から集中豪雨が続き、浦上川が氾濫した時のことを今でも鮮明に覚えています。お亡くなりになった方々の鎮魂と、ご遺族へ哀悼の意を捧げます。

線状降水帯

2022.07.18

線状降水帯

長崎県では、対馬市(※写真は対馬市)が線状降水帯により、記録的な降水量を観測しています。

今日も夜中から明け方にかけ、長崎県各地で雨の予報があっています。崖崩れや浸水被害など、予測される地域は早めの対策を行なっていただくため、各注意報にご留意ください。

崖崩れ

2022.07.17

崖崩れ

崖崩れのご相談を受けました。市と県における担当部署と対処法について、協議を進めます。

ここ数日、短時間に集中的に降水が観測されています。明日も西日本、長崎でも多量の降水が予報されていますので、皆さま、ご注意ください。

戦没者慰霊奉賛会

2022.07.14

戦没者慰霊奉賛会

令和4年度 理事を務めている『戦没者慰霊奉賛会』定例評議員会に出席いたしました。

コロナ禍で活動が制限されていますが、今年度は戦没者の御霊に鎮魂を捧げる活動が実施できるよう、最善を尽くしたいと思います。

首相官邸へ

2022.07.13

首相官邸へ

半年ほど前から、お伺いする予定だった『首相官邸』 まさか、安倍元首相のお悔やみを胸に、お伺いすることになるとは想像だにしていませんでした。

改めて、安倍元首相のご冥福を心からお祈りいたします。

当選御礼

2022.07.10

当選御礼

皆さまのご支援のおかげで長崎県選挙区・山本啓介氏、参院選に当選いたしました。 ありがとうございました。 また、全国比例区各自民党・公明党候補に対しましても、多大なるご支援、重ねて感謝いたします。

大きな選挙が立て続けに行われましたが、いよいよ、来年4月、県会議員選挙が行われます。 しっかり準備を行って参ります。ご支援、何卒よろしくお願いいたします。

心からご冥福をお祈りします

2022.07.08

心からご冥福をお祈りします

現実を受け入れる事ができず、呆然となり、あってはならない暴挙に怒りが込み上げてきます。 安倍元首相のご冥福を心からお祈りいたします。

岸田文雄 総理

2022.07.05

岸田文雄 総理

先ほど、内閣総理大臣の岸田文雄氏をお迎えし、長崎ハマクロス前で街頭演説を行いました。

台風などの影響で、開催も危ぶまれましたが、何とか無事開催することができました。ご参加いただいた方々、ありがとうございました。

選挙戦も残り5日間、山本啓介候補をよろしくお願いいたします。 ※写真は岸田総理の後ろ姿です。前方から撮れず、すみません。

河野太郎・街頭活動

2022.07.03

河野太郎・街頭活動

本日、ハマクロス前にて河野太郎代議士と街頭活動を行い、私は最後のガンバローコールを行いました。

河野代議士とはフランクにお話させていただき、気さくにご対応いただきました。

6月議会・閉会

2022.07.01

6月議会・閉会

本日、補正予算約627億円を中心に審査を行なった6月議会が閉会いたしました。

今議会では6/14に一般質問を行い、文教厚生委員会では委員長として、委員会審査につとめました。

※来崎した茂木敏充幹事長と山本啓介候補。ハマクロス前で街頭演説した時の写真。あまりの暑さに茂木幹事長も今日『鉄橋』じゃなくて助かったよ、とおっしゃっていました。

分科会長報告

2022.06.29

分科会長報告

先ほど、文教厚生分科会長として分科会長報告を行いました。
※分科会とは、議会に上程された予算議案をそれぞれ担当議案毎に審査する会です。

文教厚生分科会では、医療・福祉・教育等の分野について審査を行いました。 これからも、皆さまの生活に身近な医療・福祉・教育分野の発展整備に向け、尽力いたします。

参院選スタート!

2022.06.22

参院選スタート!

本日、参院選がスタートしました!自民党一丸となって、頑張って参ります!!

文教厚生委員会始まる

2022.06.20

文教厚生委員会始まる

長崎県の教育・医療・福祉を所管する文教厚生委員会がはじまりました。

学振興課・教育委員会との審査では、教育の基本的な考え方ほか、県内就職率向上、生徒の心のケアなど、様々な課題について質疑が行われました。

明日も引き続き、文教厚生委員会にて教育・福祉の項目を審査いたします。

道路整備

2022.06.19

道路整備

行政の大切な役割のひとつに、公共インフラ整備があります。なかでも、使用率が高く、生活や仕事に直結し、安全性の確保いう側面もある「道路整備」は大変重要な施策となります。

道路整備において、様々な箇所の陳情やご相談をお伺いしていますが「きれいになったよ!」とのご連絡はいつも大変、うれしく、議員活動冥利に尽きるといっても過言ではありません。

本日も、取り掛かっていた道路整備事業の仕上がりを確認いたしました。地域のみなさまのお役に立てて本当に良かったです! 何かお困りがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。→ご相談はこちらまで

原爆病院運営委員会

2022.06.17

原爆病院運営委員会

昨日、第一回 原爆病院運営委員会に文教厚生委員長として出席いたしました。

地域病院として、また長崎特有の原爆治療病院として、新設された病棟の現状含め、ご説明いただき、運営について発言させていただきました。

長崎県防衛協会総会に出席

2022.06.15

長崎県防衛協会総会に出席

ロシアのウクライナ侵攻をはじめ、北朝鮮の弾道ミサイル発射や、中国の軍備増強など、我が国を取り巻く安全保障は、日々厳しさを増しています。

昨日の一般質問でも『弾道ミサイルに対する避難所整備』についても、県へ地下施設の少ない本県において、地下避難施設建設の提案を行いました。

今後も、自衛隊の皆さまと連携し、安心安全な生活を守っていけるよう、積極的に取り組んで参ります。

一般質問を行いました!

2022.06.14

一般質問を行いました!

本日、一般質問を行いました。 任期4年、最終年度の質問となりました。 想いを詰め込みすぎてしまい、質問項目が多くなってしまったところが、大いに反省点ですが、今、お訴えできる事について、全力で取り組みました。 今回得られた答弁などを基に、県担当課の皆さんと、県政の諸課題に対して、これからも真っ正面から取り組んでいきます。※動画および、議事録は準備でき次第、アップいたします。

自民党県連・広報活動

2022.06.12

自民党県連・広報活動

本日は終日、自民党長崎県連の広報活動にて街宣活動を行いました。

ロシアのウクライナ侵攻による、国家安全保障や経済安全保障、物価高など、様々な課題があります。

コロナ禍含め、国難の今こそ、県民市民の皆さまの声とともに歩みを進めることが大切であることを中心に、街頭でお訴えさせていただきました。

議会とリカレント教育

2022.06.09

議会とリカレント教育の両立

6月議会も開会し、14日に一般質問も控えた状況ですが、長崎大学情報データ科学部にて、リカレント教育を受講しているため、学問との両立を測っています。

本日はスクリプト言語を用いたプログラミングの基礎的講義でした。

なかなか、疲労した顔していますが、20年前を思い出しながら、必死についていこうと思っています。

長崎大学で学び直し

2022.06.08

長崎大学で学び直し

長崎大学 社会人向けリカレント教育を受講しています。大規模プロジェクトを成功させるためのチームマネジメントを学びました。

小林透教授の進め方が素晴らしく、チームマネジメントを通し、仕事の本質を勉強しました。2時間、ずっと考える続ける講義スタイルなので正直疲れ果てますが、社会人になっても学ぶ生涯学習(リカレント教育)の必要性と学ぶことの楽しさを再確認しています。

6月県議会開会

2022.06.06

6月県議会開会

6/6から7/1までの会期で、6月県議会が開会されました。今議会では一般質問を行います。県民給与向上対策や行政DX促進など10項目の質問を予定しております。一般質問は日頃、皆さまからいただいているご意見、要望、陳情などを県議会へ届ける絶好の機会となります。

6月14日(火)14時45分ごろ
※私より前の登壇議員の質問状況により、早く開始する場合がございます。

(予定している質問項目)

01.県民の給与向上対策
02.行政DX促進
03.県立大学「情報セキュリティ産学共同研究センター」
04.教育の考える力について
05.障がい者支援
06.災害および危機管理対策
07.県庁舎跡地活用
08.県産品の県内情報発信拠点
09.鷹島水中遺跡
10.猫殺処分ゼロに向けた取組み

長崎県高総体

2022.06.03

長崎県高総体

第74回長崎県高校総合体育大会(県高総体)佐世保市総合グラウンド陸上競技場で3年ぶりに総合開会式が行われました。

コロナ禍で競技自体が中止となった一昨年を思い浮かべ、この様に大会が実施される事に対し、感慨深いものがありました。

競技を通し、様々な学びを経験し、更なる成長に期待いたします。頑張れー!!

リカレント教育

2022.06.02

リカレント教育

本年度、社会人向け長崎大学情報データ科学「IT先端技術応用講座」を受講することになりました。

約20年ぶりにプログラミング言語Pythonを用いたスクリプト言語を操作。懐かしく、20代だった当時の仕事内容を思い出しながらも、全く忘れてしまった状況に今後、授業についていけるのか、かなり不安になりました。

しかしながら、DXが促進されたあとのあらゆる業界において『データサイエンス』分野は大変重要視される項目となります。

また、時代の流れが早い今、社会人の学び直し(リカレント教育)についても、促進していく必要があります。公務等、なかなか時間をどれだけ調整できるか難しいところはありますが、大切な機会ですので全力で履修して参ります。

大阪府箕面市

2022.06.01

大阪府箕面市へ行政視察

全国的にもかなり早い時期に『避難所整備として小・中学校の体育館・空調設備』を導入した大阪府箕面市を現地視察。

国の支援策を常にチェックしながら、効果的な施策を実施した箕面市の取り組みは大変参考になりました。

実際に体育の授業中でしたが、外気とくらべ、かなり涼しく、熱中症対策についても効果が期待できます!

■News一覧

PICK UP CONTENT

活動報告

-- 委員会活動 --
-- 自民党活動 --
-- 予算関連 --
-- 後援会活動 --